WAKE N' TRIP

旅を愛する全ての人へ Blog for all travel lovers

旅の作り方

旅行プランニングについて

投稿日:

旅はプランニングから始まります。ツアーの旅行やパッケージ旅行などと違い、自由旅行は自分達で旅行を計画します。自由旅行初心者の方や初めて自由旅行をする方向けに旅行プランニングの手順と方法をわかりやすく解説したいと思います。

旅行の行き先と旅行期間を決める

まずは行き先と旅行期間を決めます。先に何処に行きたいかが決まっているなら行き先を考え期間はどのくらい必要かを決めます。また旅行期間が先に決まっているなら何処までなら行けるか行き先を選びます。例えば旅行期間が1週間とします。あまりにも目的地まで離れてる場所はお勧めできません。時間的に余裕もあり旅行期間を長期で考えているなら時間のかかる場所でも問題ないですが目的地までの距離も含めて移動にかかる時間を多くて片道1割程度の16時間ぐらい迄の場所を選ぶのが妥当な考えだと思います。

余裕をもった旅行スケジュールを考える

語学も堪能で旅経験豊富な旅人や海外へ行き慣れている人、海外に住んでいた人なら不意なトラブルに巻き込まれたり、スケジュールがスムーズに行かなくなっても勘と経験、語学スキルから対処出来ると思いますが、旅慣れてない旅行初心者やツアー旅行でしか海外経験のない旅行者にとってトラブルに対応したり、旅先でスケジュールがズレてしまい瞬時に修正をする事は少しハードルが高いと思います。最初から自分の力量を超えるようなタイトな旅計画を立てずに時間的余裕を持った計画を考える事をお勧めします。国内旅行なら何とかなるかもしれませんが、言葉、文化や常識の違う海外では簡単ではありません。現地で長距離バスや夜行バスなどのチケットが思い通りにブッキング出来なくて次のバスや翌日のバスになっても良いようなプランニングを立てる様に心がけましょう。特に帰りの飛行機に間に合うように帰りの長距離バスは余裕を持ったスケジュール組みをする事をおすすめします。

タイムスケジュールを書き出してみる

行き先と期間が決まったら具体的にスケジュールを決める訳ですが、7泊8日の海外旅行ならまずはこんな感じで出国→目的地A→目的地B→目的地A→帰国(旅行日数 7泊8日)と簡単なスケジュールを作って見ましょう。

これを元に滞在日数と移動方法と移動時間とを入れてきます。

1日目

出国→(飛行機移動7時間)目的地A (同日夕方着)

2日目

目的地A出発→(移動バス6時間)目的地(午後着)

3日目

目的地B(滞在)

4日目

目的地B(滞在)

5日目

目的地B(滞在)

6日目

目的地B 昼出発→(移動バス6時間)目的地A(夕方着)

7日目

目的地A滞在

8日目

目的地A 朝出発→(飛行機移動7時間)(同日夕方帰国)

これでスケジュールの骨組みができました。

飛行機、旅先での移動手段、ホテルを決める

この骨組みを元に具体的に旅行の日時や空港会社、現地での移動手段と時間割、ホテルの予約などをして旅のスケジュールを組んでいきます。順番としては最初は空港会社、次に現地での移動で使用するバス会社電車の運行状況など、最後に宿泊先の順番でリサーチして決めていきます。まず最初に行き帰りの飛行機のブッキングをします。航空会社、出発日時、フライト時間と到着予定時間を調べて選び予約します。目的地が複数ある場合は現地での移動するバスや電車のリサーチをします。バスや電車の会社、種類、時刻表、運行状況を調べて、ネット予約できるのか、現地で直接ブッキングをするのかなど調べ事前に予約できるならしましょう。事前予約が無く現地でのチケット購入のみの場合はチケット売り場、購入方法、当日買えるのか?前日に現地で購入しないとならないのかなどを調べておきます。最後にホテルのブッキングです。大概のホテルの予約は旅行出発前にブッキングサイトなどで行えます。この際キャンセルはいつまで無料で出来るのかも把握しておくと良いでしょう。

ここまで出来ればプランニングの肝心な事はだいたい終わりです。あとは旅の目的に合わせて旅先でのレストランやツアーやアクティビティ、必要ならレンタカー情報などを調べて予約したい事は予約しておきましょう。またガイドブックや旅行ブログ、旅行口コミサイトなどでリサーチしてスケジュールに肉付けして行きましょう。

プランニング作りのヒント

スケジュールはあまりタイトプランニングせず旅行期間を考えて余裕を持って行き先を決めることが大切です。1週間なら目的地までかかっても1日以内で行ける場所が良いと思います。目的地2箇所にするなら待ち時間なども踏まえて第1目的地まで10時間以内、第2目的地まで6時間ぐらいの計画を立てた方が良いと思います。割合は自由ですがそのくらいの場所が初めての自由旅行には良いでしょう。移動は時差ボケも含めて自分が思っている以上に気力と体力を消耗しますので特に初心者の方は無理のない場所と期間を決めることが楽しく快適に旅する事に繋がります。

最後に

しっかりプラニングする事は大事です。ただししっかり下調べをしてプランニングしてスケジュールを立てても実際旅先でプランニング通りに行くとは限りません。旅先で長距離バスや電車の運行は悪天候などの影響で運行が大幅に遅れたり、イベントや祝日でバスが混んでいてその日にチケットを購入出来なかったりする事も珍しい事ではありません。時間的に余裕のある行きの長距離バスならともかく帰りの長距離バスは帰りの飛行機の予定もあるので乗り継ぎがうまく出来ないケースも考え最悪翌日になる事も想定したプランニングを考えておきましょう。また渡航先によってはボートや船が欠航したりする場合も想定してもう一つ現地でのプランを考えておくと、プランニングした目的地に行けなくなっても良いようにセカンドプランも考えておくと良いと思います。

以上、シンプルな旅行プランニングですがこれが基本となります。初めて自由旅行ならこれをベースに考えると良いでしょう。

 

 

-旅の作り方
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

旅先で宿泊先を見つける

現地で宿泊先を探すのは目的地での宿泊先という縛りはなくなり、自由に動けるようになります。また宿も自分で確認出来るメリットはありますが、なにも事前情報もないと時間もかかり、また旅行シーズンや現地の祝日前 …

旅行出発前にネット上で宿泊先を予約する

事前に宿泊先をブッキングしておくのは渡航する方法はもっとも一般的な方法です。事前予約してあれば目的地に到着してチェックインするだけなので、期間の短い旅行では宿泊先を探す手間も省けて観光などに費やす時間 …

自由旅行の旅ルートを決める

旅先が決まったら旅先での出発地からゴール目指して道のりを考えて決めていきます。旅のルートは大きく分けて2つの種類あり、出発場所から別の目的地へ向かい再び出発地へ帰って来るラウンド型と出発地は帰って来な …