WAKE N' TRIP

旅を愛する全ての人へ Blog for all travel lovers

TRIP

Luang Prabang, LAOS

投稿日:02/09/2017 更新日:

ヤシの木と赤土、茶色い川そしてそこで生活している人々とラオス特有の建物が赤みのかかった午後の太陽に照らされている。空港からゲストハウスへ向かう車窓から見えてくる景色はまるで映画のオープニングを見ているかの様にゆっくりと視界に入りそして過ぎ去って行く。そしてその光景は僕の脳裏へと焼きついてゆく。しばらくすると車はゲストハウスへ到着した。
Palm trees and red soil, brown river and the people living there and Lao style buildings are illuminated by a sunny late afternoon sun. The view from the car window heading from the airport to the guesthouse slowly enters visibility and passes away as when I watching the opening of the movie. And that sight sticks to my mind. After a while the car arrived at the guest house.

国際空港がある町としては小規模な町で1週間かからないで一通りは周れるてしまう広さのコンパクトな町である。ソウテウやトゥクトゥクなどのタクシーやレンタルバイクなどの移動手段も充実してる。バイタクはどちらかと言うと地元客の利用者が多い。ただ住宅街の方へ行ってしまうとソウテウやトゥクトゥクは見かけなくなる。
As a town with international airport it is a compact town that is small in size and it will be around a week without taking a week. There are also substantial means of transportation, such as taxis and tuk-tuks, such as taxis and rental bikes. Bike taxi is rather a lot of users of local customers. Just go to the residential area, you will not see the taxi or tuk-tuk.

到着したゲストハウスからは20分ぐらい歩けば町の中心まで行ける。町の中心はメコン川とナムウー川の間にプーシーの丘と言う小さな丘がありその麓にレストランやバーまたホテルやゲストハウスが密集していて観光客で賑わっている。プーシーの丘は、簡単に登る事が出来き、展望台から町が一望出来る。また夕方からはナイトマーケットも開催される。
From the guest house it can reach the center of the town if you walk about 20 minutes. In the center of the town there is a small hill called Mount Phou Si between the Mekong and Nam Ou Rivers, and restaurants, bars, hotels, and guesthouses are densely packed with tourists at the foot of it. Also in the evening the night market will be held. You can easily climb Mount Phou Si and you can see the city from the observation deck.

旅には交渉力が必要だ。交渉次第で色々と状況が変わってくる。ただ交渉と自我を通すのは別物である。あくまでも相手あっての交渉だと言うことを忘れてはならない。
Traveling requires bargaining power. The situation will change depending on negotiation. Just negotiating and passing self is a different thing. Do not forget to say that it is negotiations with the partner to the last.

日没後は近所の人達が集まりテーブルを囲って酒盛りをしている。 その和やかな雰囲気は僕たちをリラックスさせてくれる。町といっても一部の外国人用レストランを除いて、夜も10時を過ぎればほとんどのお店はしまってしまう。11時近くになると観光地で働いていた人々が片付けを終え自宅へ向かう。そして日の出まで町は静かさを取り戻す。
After sunset the neighbors gathered and surrounded the table and was drinking. The peaceful atmosphere makes us relax. Even if it says a town, most stores will be closed after 10 o’clock in the evening, except for some foreign restaurants. At around 11 o’clock, the people working at the sightseeing spot finished tidying and headed home. And the town regains its quietness until sunrise.

早朝、昨夜ナイトマーケットがあった道はまるで何もなかったかの様に綺麗に片付けられ道にもゴミも落ちていない。おそらく早朝の托鉢で僧侶達が素足で歩くので掃除をするのだろう。

Early in the morning, the road where there was a night market last night was cleaned up as if nothing had happened and there were no garbage on the road either. Perhaps because the monks walk with bare feet in the early morning alley, they will clean up.

ラオスの古都と言われるだけあって寺院が集中し、早朝には多くの僧侶達による托鉢が行われる。托鉢とは仏教を含む古代インド宗教の出家者の修行形態の1つで、街を歩きながら生活に必要な最低限の食糧などを乞う信者に功徳を積ませる修行の事。毎朝行われ、主に米やお菓子、フルーツなどを住民からもらう。カゴの中には食べ物以外ではお金も入ってた。僧侶達はそれを寺に持ち帰ったらそれらの食物は担当者によって全員に平等に分配されると言う。
As Luang Prabang is said to be the ancient capital of Laos, temples concentrate, and in early morning many monks make uproot. Mendota is one form of training of an ancient Indian religious entrepreneur including Buddhism, training to trust a believer who asks the minimum food necessary for living while walking around the city. It is held every morning, mainly receives rice, sweets, fruits etc from the residents. There were money in the basket except for food. When monks take it back to the temple say that those foods are distributed equally to everyone by the person in charge.

ラオス人の主食は米である。細長い形のもち米が特徴的で竹で編まれた入れ物に入って出てくる。手でパンをちぎって食べる様にして口へ運ぶ。水分は少なくベタベタしていないので手にくっつく事もない。郷土料理のラープともち米の相性も抜群だ。
The staple food of the Lao people is rice. It comes in a container that is characteristic of elongated shaped glutinous rice and knitted with bamboo. Tear off the bread by hand and take it to your mouth like eating. The moisture is small and sticky, so it will not stick to your hands.  It also has excellent compatibility with local cuisine Raap and glutinous rice.

ラオス人はフランス統治時代の名残なのかベトナム同様にパンもよく食べる。町にはパン工房があり地元の人やサンドイッチを売る露天商がたくさんパンを買って行く。パンは一見フランスパンの様に硬く見えるが見た目と反して柔らかく食べやすく味も良い。
Are Laotians a remnant of the French colonial era or eat breads as well as Vietnamese. There is a bakery in the town and a street vendor who sells local people and sandwiches bought a lot of bread here. Bread looks stiff like a French bread at first sight, but it is soft, eatable and tasty, as opposed to its appearance.

今回ラオスで衝撃的だった食べ物ある。ラオス人からもらった紫色のトウモロコシだ。見た目はトウモロコシだがもち米を食べているような不思議なトウモロコシだった。これが美味しくビールがすすむ。機会があったら是非食して欲しい。
There are foods that were shocking this time in Laos. It is a purple corn from the Lao people. It looked like corn but it was a strange maize like eating glutinous rice. It’s a delicious and good for beer. I’d like you to have this corn if you have the chance.

1995年に町全体が世界遺産登録されている古都ルアンプラバンはラオス国内でもっとも成功している観光地と言うのもうなずける。ヨーロッパ人を中心に外国人旅行者が多く訪れている。町から車で30分ぐらいの範囲に観光スポットがいくつかある。地元の人々は観光産業に真剣に取り組んでいて、それが自分たちの生活と直結していることをよく理解している。まるで町全体がテーマパークの様にも思える。そんな風に僕の目には映った。
In 1995 the whole city is registered as a World Heritage ancient capital Luan Prabang is also said to be the most successful tourist destination in Laos. Many foreign tourists visit mainly Europeans. There are several sightseeing spots in the range of about 30 minutes by car from the town. Local people are serious about the tourism industry and they understand well that it is directly connected with their lives. It seems like the whole town is like a theme park. That reflected me in my eyes.

Laos 9ed
アジア, ブック, 旅行¥1,900Lonely Planet

-TRIP
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Chantanohm Banna Village, LAOS

  雨季の熱帯雨林、天候は不安定だ。たった1時間の間に突き刺さる太陽、曇って来たと思うとスコール、そして時々天気雨と忙しい。 The rainy season’s rain fo …

Vang Vieng, LAOS

そう遠くない昔、ここヴァンビエンは多くのバックパッカーが訪れパーティーとドラッグの町として広く知られていた。 時は遡り、かつてヴァンビエンがバックパッカーの町だった頃の話。ヴァンヴィエンにはチュービン …

Nong Khiaw, LAOS

  初めて見る風景は僕の好奇心を満たしてくれ、同時に新しい好奇心が産まれる。ルアンプラバンから約3時間半、ミニバスはノンキャウのバス停に到着した。バス停内になぜかペタンクという南フランス発祥 …

Muang Ngoi Neua, LAOS

ゆっくりと流れるナムウー川のような時間の中、目を覚ます。目の前には北ラオスの山々が朝霧と共に幻想的な空間を作り出している。 I wake up in a time like the Nam Ou Ri …