WAKE N' TRIP

旅を愛する全ての人へ Blog for all travel lovers

TRIP

Muang Ngoi Neua, LAOS

投稿日:21/08/2017 更新日:

ゆっくりと流れるナムウー川のような時間の中、目を覚ます。目の前には北ラオスの山々が朝霧と共に幻想的な空間を作り出している。

I wake up in a time like the Nam Ou River flowing slowly.The mountains of North Laos create a fantastic space with morning mist in front of my eyes.

村の大半はおよそ300mほどの映画のセットの様なメインストリートだ。今日も昨日と変わることない日常が始まろうとしている。まるで毎朝誰かがスイッチを押してリセットされたかの様に人も村も昨日と同じ一日が始まり夕暮れと共に静かに眠る。もう何十年も同じ、そんな風にも思える。

Most of the village is a main street like a set of movies of about 1000 feet. Today is also unchanged from yesterday The day is about to begin. Just as if someone was listening at every press in the morning. Both people and villages start the same day as yesterday and quietly sleep with the sunset. It is the same for decades, it seems like that.

この村でも変化している事がある。それは毎日ボートでやって来る旅人達だ。良いか悪いかは別として彼らが新しい風を運んで来る。

There are things that have changed in this village. It is a traveler coming by boat every day. Apart from good or bad they will bring a new wind.

メインストリートには、数件のレストランや商店などがあるが商売っ気はない。食堂やレストランで飲食しているのは僕たち外国人旅行者だ。食堂に入り注文すると調理に取り掛かり一から丁寧に調理してくれる。ありがたく頂く。

There are several restaurants and shops in the main street, however they are not really business interest. Eating and drinking people in the restaurant are foreign travelers.  I ordering rice noodles and they are start cooking carefully and carefully. I thankfully eat it.

この村はつい23年前まで公共の電気も通ってなかったらしい。テレビもなければ電話もなかっただろう。ここは資本主義の中心から遠く離れた場所なのかも知れない。

The village seems to haven’t passed public electricity even a couple of years ago.There would have been no television and no phone.It may be a place far from the center of capitalism.

村から外れたところに小川があり周辺はゴミ捨て場になっている。ゴミを良く見ると横文字で書かれたプラスティックやペットボトルなどが多く捨てられていた。外国人旅行者が宿などに置いてと思われるゴミが目立つ。なんだか申し訳ない気持ちになった。

There is a brook out of the village and it’s a garbage dumping ground.
Plenty of plastics and plastic bottles written in English were thrown away as I looked at the garbage. The garbage that foreign tourists put in the inn and others is conspicuous. I feel sorry for some reason.

村に来る手段はナムウー川をボートで行くしか方法がない。周りは北ラオスの山々と深いジャングルに囲まれている。陸の孤島とはよく言ったものだ。

There is no way to come to this village by boat riding the Nam Ou River. Surroundings are surrounded by mountains of North Laos and deep jungle. People say that called a solitary island of land.

かつてヒッピーがラオスのバンビエンを見つけた時の様な、そんな雰囲気がまだ少しだけ残っている様に思えた。ただ電気が通った事で少しづつではあるが変わり始めてる様にも思えた。もしかすると近い将来、外国人用レストランが増え、近代的なホテルやヴィラが建ち、インドのゴア、タイのパンガン島、カンボジアのロン島のように多くの外国人旅行者が訪れ、四六時中レイブパーティーをするような場所になってしまうかも知れない。そうはなって欲しくないと思うが、それも僕のエゴでしかない。

There was still a little atmosphere like that when Hippies found VangVieng Laos. It seemed like it started to change though little by little because electricity passed. Perhaps in the near future, the number of restaurants for foreigner will increase modern hotels and villas will be built and many foreign tourists visited like Goa in India, Koh Phangan in Thailand, Ron Island in Cambodia, It may become a place to do rave parties.I don’t think I wants it to be, but that is only my ego.

今東南アジアはすごいスピードと勢いで発展し続けている。タイやベトナムほどではないが、ここラオスも例外ではない。ゆっくりだが、確実に外国資本が入ってきている。まだ街でもマクドナルドやセブンイレブンすらないが時間の問題だろう。中国はメコン川をはじめあちこちにダムを建設している。首都には外資系の会社も入ってきている。中国とタイを結ぶ鉄道も計画しているらしく、首都ビエンチャンと世界遺産の街ルアンプラバンもにも駅が出来るらしい。あと10年もすれば今とは大分違って来るんではないかと思う。経済発展して交通インフラも整備され他の発展途上国の同様、生活も便利になって行くであろう。

Southeast Asia is now developing with great speed and momentum. It’s not as good as Thailand and Vietnam, but here Laos is no exception. Slowly but surely foreign capital is coming in. I don’t even have McDonald’s or Seven Eleven in the city yet, Well, it will be a matter of time. China is constructing a dam in and around the Mekong River. Foreign-affiliated companies are also entering the capital. It seems that a railroad connecting China and Thailand is also planned, it seems that the capital Vientiane and the world heritage city Luang Prabang can also have a station. I think that it will differ much from now in as much as ten years. Economic development, transportation infrastructure will be developed and life will be convenient as well as in other developing countries.

ただそれが本当に良いことなのかは僕にはわからない。

I just don’t know if that is really good.

 

Laos 9ed
アジア, ブック, 旅行¥1,900Lonely Planet

-TRIP
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Nong Khiaw, LAOS

  初めて見る風景は僕の好奇心を満たしてくれ、同時に新しい好奇心が産まれる。ルアンプラバンから約3時間半、ミニバスはノンキャウのバス停に到着した。バス停内になぜかペタンクという南フランス発祥 …

Vang Vieng, LAOS

そう遠くない昔、ここヴァンビエンは多くのバックパッカーが訪れパーティーとドラッグの町として広く知られていた。 時は遡り、かつてヴァンビエンがバックパッカーの町だった頃の話。ヴァンヴィエンにはチュービン …

Chantanohm Banna Village, LAOS

  雨季の熱帯雨林、天候は不安定だ。たった1時間の間に突き刺さる太陽、曇って来たと思うとスコール、そして時々天気雨と忙しい。 The rainy season’s rain fo …

Luang Prabang, LAOS

ヤシの木と赤土、茶色い川そしてそこで生活している人々とラオス特有の建物が赤みのかかった午後の太陽に照らされている。空港からゲストハウスへ向かう車窓から見えてくる景色はまるで映画のオープニングを見ている …